日本導入20周年のゴルフR 特別仕様車が発売

フォルクスワーゲン ジャパンは2023年7月19日、日本市場に導入されてから20周年の節目を迎えた「ゴルフR」に、特別仕様車「ゴルフR 20 Years」を導入することを発表した。


ゴルフRは2002年、4代目ゴルフに初めて設定された。そのため、既にドイツ本国では2022年に「Golf R 20 Years」が発表・発売されている。日本市場ではこのたび「日本導入から数えて20周年」となる2023年に合わせて導入された形だ。

エンジンはノーマルのゴルフRと比べて最高出力が10kW(13PS)強化され、0-100km/h加速はコンマ1秒速い4.6秒をマークしている。またドライブモードでは、ノーマルモデルに用意される「コンフォート」「スポーツ」「レース」「カスタム」に加えて「スペシャル」と「ドリフト」が専用に用意される。

エクステリアの変更点は、リアスポイラーの大型化、特別にチューニングされたアクラポビッチ製エグゾーストシステム、ブラック仕上げのホイール、専用のエンブレム類など多岐にわたる。

内装面でも、本物のカーボン素材を使用したトリムやカーボン調表皮のレザーシートなどが奢られている。

これらの装備により価格はノーマルよりも115万6000円高価となり、792万8000円の値札を提げている。

初代ゴルフR(Golf R32)とゴルフR 20 Years